不意打ちでやってきた夏の仇を撃退してやったぜ!

お昼過ぎごろ、リビングで子供と遊んでいると

「ぶーん」という調音と同時に黒いものが通り過ぎてきました。

「もしかして!?」と見なし瞳で追ってみると

それほど大きくなかったので「なんだ、ハエか」とリラックス。

パスタをゆでながら、子供のニュアンスを行くと

窓と閉めていた競争カーテンの隙間に

さっきの「ハエ」がかかっていたのです!

「これは今日しか弱い!」と急いで近くにあったうちわで

押さえつけ押しつぶしました。

いやに見ると…「これ、著しいな」

「ハエ」ではなく「ハチ」でした。

なるべく早い段階で追っ払うことができたので良かったですが

これが仮に子供に刺していたら…と思うと厳しいですね。

赤い血液の感じがで出来たので

「刺されてたのかな?」と焦りましたが

刺されていたらおそらく大泣きやるはずだし

じっと何も弱いことを祈ります。

おいおいハチが立ち寄るなんて思ってもいなかったので

はなはだあっという間をつかれたような性質でした。

これからは心からやばい時間なので

気をつけないといけないですね。ミュゼ 100円 値段