周りの怪談話好きな人たちを見て思ったこと

暑い季節になってくると怪談話が盛り上がってくる傾向があります。ゾッとする話を聞いて涼をとろうということだと思いますが、冷静に考えると意外とアグレッシブな発想だなと思います。
それはそれで別にいいのですが、この怪談話フリークというのは実際のところ私個人が思っているよりはるかに人口が多いのではないかと最近感じるようになりました。仮に私の推測どおり「多い」とした場合、はたしてそれは何を意味しているのかをちょっと考えてみました。
結論としては「日本人は表層意識では無神論的な立場をとりやすいが、深層心理では実はかなり信心深いのではないか」ということです。怪談話は当然霊の話ですが、それに興味を持つということは目に見えない何かや誰かを信じたり畏れたり気持ちがあるからではないでしょうか。
自分にしてはがんばって考察したと言いたいところなのですが、私自身は神様とか仏様は信じていて霊も存在するだろうと思っているのに、怪談話はほぼ興味がないという人間なので、なんだかよくわからなくなってしまいました。アリシアクリニック